後期選抜の受験倍率(H30)

12日に行われた後期選抜の受験状況が発表されました。

当日欠席者の多い順に並べ変えた資料を掲示します。

学科、コース別では、四日市南高校の数理科学コースの欠席者が20名で一番多く、その次が津西高校の国際科学科の14名となっています。

学校別では、欠席者が一番多かったのが四日市南高校で25名、2番目は津西高校で17名です。

例年この2校は当日の欠席者が多いです。レベル的に鈴鹿高専と競合しているので、併願する生徒が多いことが原因と考えられます。

出願時の倍率と比べると、四日市南高校が1.43倍から1.28倍に、津西高校が1.34倍から1.20倍へと大きく下がっています。

学科、コース別に倍率を見てみると、神戸高校の理数科が一番高くて4.13倍、その次が津西高校の国際科学科で3.83倍となり、1位、2位が逆転してしまいました。

H30受検倍率(欠席者降順)

よろしければシェアしてください。

進学校受験はお任せください!

フロイデ学院では、日々の学習や高校入試に関するご質問、ご相談を受け付けています。

メールでのお問い合わせはこちら

☎ 059-388-5233

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です