津高、津西、津東の受験者数、合計定員、合計倍率(H30)

今春の高校入試で、津高校の入試倍率が、最終的に1.01倍と記録的な低倍率となりました。

津地域には、比較的狭い範囲に津高校、津西高校、津東高校の3つの進学校があります。

津高校の入試倍率の推移を考える前提として、この3校全体の受験者数推移を調べてみました。

下のグラフがその結果です。

3校全体の倍率を計算しました

一番上の赤い実線が3校の受験者数の合計です。

この人数は、当日の欠席者を除いた「実受験者数」です。

上から2番めの青い実線は3校の「後期選抜定員」を表しています。

H28年度までの3校の募集定員は、津高校、津西高校が360名、津東高校が320名で、合計1,040名でした。

この内、後期選抜の募集定員は津高校360名、津西高校320名、津東高校272名で、合計952名です。

それが、H29年度には津西高校の定員が40名減少して912名になり、H30年度は津東高校の定員が320名の80%である256名に減少しましたので、3校の合計は896名となりました。

中段の赤い実線は、3校の「受験者数合計」を3校の「合計定員」で割った「合計倍率」を表しています。

また、中段の点線は、各高校の個別の倍率推移を表し、下段の実線は、各高校の個別の受験者数推移を表しています。

受験者数が激減しています

このグラフを見て、一番注目されることは、3校の受験者数合計が激減していることです。

H26年度には1,181名の受験者がいましたが、H30年度は1,042名となり、4年間で139名減少しました。

平均すると1年で35名、1クラス分に近い人数が減少していることになります。

さらに、H28年度と比べてみると、1,157名から1,042名へと、2年間で115名減少しています。

こちらも平均すると、1年で60名弱、ほぼ1クラス半の人数が減少しているのです。

津西高校はH29年度に定員が40名減っていますし、津東高校もH30年度に後期選抜の定員が16名少なくなリましたので、倍率に対する影響は多少緩和される効果があります。

ところが、津高校は定員360名のままですので、受験者数減少の影響をまともに受けやすい環境にあると言えます。

来年度も受験者数の減少が続くようですと、津高校の入試倍率がさらに厳しくなることが心配されます。

H303校合計受験者数

進学校受験はお任せください!

フロイデ学院では、日々の学習や高校入試に関するご質問、ご相談を受け付けています。

メールでのお問い合わせはこちら

☎059-388-5233

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です