日本初の大学

今日は鈴鹿医療科学大学のオープンキャンパスに参加してきました。

鈴鹿医療科学大学は1991年に、日本で最初の4年制医療従事者専門の大学として設立されたそうです。それから、かれこれ30年。
今では、薬学部、看護学部も加わり、千代崎と白子の2つキャンパスで4学部9学科を擁する、医療・福祉の総合大学となりました。

平成26年に看護学部ができたときにお聞きした話では、医師を除く医療関連の業務では看護師が要となるので、看護学部の設置は長年の悲願だった。これで、チーム医療の指導の体制が整ったことになる、とのことでした。

さらに、看護師の需要増に応えるために、定員を80名から100名に増やす予定とのこと。地元の大学が拡張発展して、地域医療に貢献していただくことは、たいへん喜ばしいことだと思います。

仕事柄、進路指導で地元の大学の選択肢があることは、ありがたいことでもあり、と同時に嬉しいことでもありますね。

進学校受験はお任せください!

フロイデ学院では、日々の学習や高校入試に関するご質問、ご相談を受け付けています。

メールでのお問い合わせはこちら

☎059-388-5233