勉強にスピード違反はない

春期講習で中心となるのは新高1と新高3です。

高3生はなんと言っても大学受験。
勉強の量も質もたいへんです。少しでも早くスタートさせたいですね。

そして、新高1。
まだ学校が始まってもいないのに、何をするの?
と思う方が多いかもしれませんが、学校での勉強をどんどん先取りするのです。

科目は英語と数学。
数学はとりあえず2次関数まででいいでしょう。

英語は英文法を浅くていいですから、できるだけ速く進めましょう。
学校で勉強したときに、「初めて聞くこと」がないようにしておくのです。
そうすると、精神的な余裕ができて、学習内容が理解、整理しやすくなります。

英語の文法は、日本語の文法でもそうですが、全体でひと固まりなんですね。勉強するときは一つひとつ勉強していきますが、全体を大きく捉える見方がたいせつです。

そのために、細かい知識や決まりごとにはこだわらず、一通りの基礎知識をざくっと勉強することを勧めます。

春期講習の期間だけではそれほど進められていませんが、これから夏にかけて、スピードアップさせたいですね。

英語は学年関係なく、学校の進度も関係なく、自分で時間をとってどんどん先取りしましょう。

進学校受験はお任せください!

フロイデ学院では、日々の学習や高校入試に関するご質問、ご相談を受け付けています。

メールでのお問い合わせはこちら

☎059-388-5233