英語も先取り

今日は高1生の英語の授業がありました。

英文法の予習です。どんどん進めています。

中には中3生の後半から少しずつ取り組んでいる生徒もいて、基礎レベルだけですが、高1範囲がもうほとんど終了しています。

実は、数学以上に英語の先取りは効果的です。
文法事項は品詞から時制、疑問文や否定文、比較や強調、仮定法、話法とかいろいろありますが、すべてがひと固まりなんですね。

ですから、ざっと一通り学習して、全体像を把握しておくと、学校での勉強がやりやすくなります。
幹をとらえておいて、あとから肉付けしていくという感じですね。

学校の勉強が本格的に始まるまでに、できるだけ先取りをしておくといいですね。

進学校受験はお任せください!

フロイデ学院では、日々の学習や高校入試に関するご質問、ご相談を受け付けています。

メールでのお問い合わせはこちら

☎059-388-5233