英語の基礎は文法でしょ

中学生の英語指導では文法を体系的に指導すべきです。

最近は4技能だとか、コミュニケーションだとか、会話に関心が集まっていますが、それはそれ。

中学校での英語では文法をしっかり、それも体系的に指導することがたいせつだと、常々感じています。

特に重要なのが文型です。英文の構造を理解し、論理的に文章を読む練習をすべきです。

まあ、1,2年の間はなんとでもなりますが、3年の2学期からは文の構造を理解し、把握できるかどうかが英語の力に大きく影響してきます。

1年の間は一般動詞とbe動詞の違いが一番大きなテーマかもしれませんが、2年からはぜひ文型を意識した学習を取り入れていきたいですね。

進学校受験はお任せください!

フロイデ学院では、日々の学習や高校入試に関するご質問、ご相談を受け付けています。

メールでのお問い合わせはこちら

☎059-388-5233