一点を笑う者は一点に泣く

倍率が一倍を超えていれば、必ずどこかにボーダーラインが引かれます。

当然ながら、このボーダーライン前後では1点が成否を分けます。1点でも多ければ合格ですし、1点でも足りなければ不合格です。
ボーダーラインの上と下とでは文字どおり「天と地」の違いです。

以前に県立高校の入試で不合格だった生徒の得点を確認したところ、ちょうどボーダーライン上の得点でした。にもかかわらず結果は不合格。
同じ得点でも内申点が高い生徒は合格していましたので、まさに内申点の差で不合格だったのです。

何とも残念な結果でしたが、これが入試の厳しさを思い知った一番の事例です。
あと1点あれば…、と口惜しい思いをしたことが、今でも忘れられないですね。

そんな事もあって、最後まで気を抜くことなく、1点にこだわるように、1点を疎かにしないように、強く指導しています。

進学校受験はお任せください!

フロイデ学院では、日々の学習や高校入試に関するご質問、ご相談を受け付けています。

メールでのお問い合わせはこちら

☎059-388-5233