勉強はやっぱり座ってなんぼやね

大学受験ではもちろんですが、高校受験でも勉強する生徒はしっかり勉強します。

入試前で時間があるときは、朝から午後、夕方、そして夜もと、食事に家に帰るとき以外はずっと教室で勉強している子もいます。
大学受験の場合はさらに、睡眠時間を削って勉強します。何時間寝られるかが問題なんですね。

中にはそれほど苦労しなくてもよくできる生徒がいるかも知れませんが、大多数の普通の生徒は、かけた努力と時間の差が学力の差に出てくるものです。
要は机の前に何時間座り続けられるかということですね。居眠りしていてはダメですよ。自分から進んで積極的に勉強する気で、どれだけ座っていられるかということです。

春期講習でも、標準のコースは何回受講というように時間と回数を決めているのですが、特に高校生に対しては、時間、回数が無制限の「フリーコース」を勧めています。
長期休暇で時間が取れるときこそ、自分の勉強を自分のペースでやってほしいからです。

「かけた努力と時間は裏切らない」と思いますよ。

進学校受験はお任せください!

フロイデ学院では、日々の学習や高校入試に関するご質問、ご相談を受け付けています。

メールでのお問い合わせはこちら

☎059-388-5233