合格して当たり前の勉強を

どれだけ勉強したら合格できるのか、誰もが考え、誰もが知りたがることですね。

志望校や本人の能力によって差があるので、一概には言えませんが、上位の高校を目指すならそれなりの勉強量は必要です。いや、かなりの勉強量が必要だと言ったほうが適当ですね。

中には、いつ勉強しているのか、あるいは勉強していないのかわからないくせに、いい成績をとったり、トップ校に合格したりする生徒もいます。
しかし、そんな生徒を基準に考えたり、真似をしたりしてはいけません。
大半の生徒は地道に勉強し、人知れず努力し、不安やプレッシャーと戦いながら勉強を続けています。

できるだけ効率のよい勉強で、いい結果を出したいと願う気持ちもわかりますが、受験はそう簡単なものではありません。

まず合格に必要な得点が前もって決まっているものではありません。毎年変動しますし、来年度は高くなるかもわかりません。得点は1点でも多く取れたほうがいいですし、そのようにできる限りの努力をしないといけません。

十分な学力をつけようと思えば、勉強の量、問題演習の量を多くする必要があります。それに連れて、勉強時間も長くならざるを得ません。
高校進学後のことも考慮すれば、どの教科もまんべんなく、裾野を広げた勉強をしておくべきです。

テキストや問題集を一冊一冊仕上げていくことが、実力と自信に繋がります。
合格したあとで、「当たり前」と考えられるだけの勉強をしておきましょう。

進学校受験はお任せください!

フロイデ学院では、日々の学習や高校入試に関するご質問、ご相談を受け付けています。

メールでのお問い合わせはこちら

☎059-388-5233