できているのに点を失うもったいなさ

記述問題ではちょっとしたことで減点の対象になりますので、細心の注意を払って解答に取り組む必要があります。
それ以上にたいせつにしないといけないのが、数学の大問1と大問2です。

ここでわからない問題、解けない問題はないはずです。特に大問1は何がなんでも全問正解でないとダメです。

あとから、わかっていたのにーとか、できていたのにーと言っても始まりません。
みすみす手の中の得点をこぼしているようなものです。

よくできる生徒でも、こういったミスがあります。
ほんとにもったいないことですし、本番の試験が心配になってきますよね。

まだ今のうちだから笑っていられるかもしれませんが、本番では絶対に許されることではありません。取れる点は必ず取るという厳しい心構えで臨まないと、思いがけないことで点を失いかねません。

これからあと2週間ほどは、本番を意識して緊張感をもって受験勉強に取り組んでほしいと思います。

進学校受験はお任せください!

フロイデ学院では、日々の学習や高校入試に関するご質問、ご相談を受け付けています。

メールでのお問い合わせはこちら

☎059-388-5233