模試で受かるわけではない(2)

一般的に試験では、受験者総数の中での相対的な学力が、順位や偏差値で把握できます。

ですから、県立高校の入試やセンター試験など、模試の受験者全員が本番の試験で同一の問題を解くことが前提になる場合は、有効なデータになります。

ところが、大学入試では、大学ごとに試験が行われるわけで、結局大学ごとの出題傾向、出題形式に合わせた勉強、対策が必要になるのですね。

極端な話、模試の問題が解けていなくても、受験した大学で合格点を越える点数が取れればいいわけです。
あくまでも模試の成績は目安であり、参考であるということです。

もちろん、基礎的な学力、標準的な問題に対応する力はあるという前提で、個別試験への対応、演習が重要なのです。

また、言うまでもなく、模試を受ければ成績が上がる、ということもありませんし、模試をたくさん受ければ合格できる、ということもありません。

学校の定期試験などを考えてみればよく分かると思いますが、試験を受けるだけで学力が付くわけではないですよね。
試験前に勉強すること、試験を受けた後で見直しをすることで、学力が付くのですよね。

模試は主として学力を判定するために受けるものです。適度な間隔をおいて、目的に沿った模試だけを受けるべきで、むやみに数多く受験することは勧められませんね。

進学校受験はお任せください!

フロイデ学院では、日々の学習や高校入試に関するご質問、ご相談を受け付けています。

メールでのお問い合わせはこちら

☎059-388-5233