速さも力、いや速さこそ力かな

本来、勉強はじっくり考え、しっかり覚えるべきものですが、いざ試験となるとそうも言ってられません。

制限時間の中でどのように問題に対応するのか、どうすれば高得点を得られるのかが問われます。
勉強の本質的なことよりも、いきおい技術やテクニックに関することが問題になってきます。

今やっている中3生の授業がまさにそれで、時間を区切って問題演習を行い、時間が来れば答え合わせと解説に移ります。
どうしても消化不良な部分はありますが、やむを得ません。やるしかないです。試験本番で有利に戦うための訓練です。

まず、どの問題から手を付けるか。できそうかできなさそうか、とっさに判断しなければいけません。
選択問題を優先させること、記憶や知識で解く問題も先に済ませるべきです。数学なら計算問題、国語なら漢字や言葉の問題などですね。

その後、記述問題や考えなければならない問題と取り組みます。数学では、目新しい問題、今までに見たことがないような問題は、当然後回しです。

こんなことを心がけて手早く演習を行います。
今のメンバーはかなり速くなりましたね。

進学校受験はお任せください!

フロイデ学院では、日々の学習や高校入試に関するご質問、ご相談を受け付けています。

メールでのお問い合わせはこちら

☎059-388-5233