マークシートを甘く見てはいけない

いよいよ、今週末から私立高校の入試が始まります。私立高校の入試はマークシート方式で行われるので、解答時に気をつけるべきことをまとめておきます。

まず気をつけることは、はっきり、きれいに、はみ出さないように塗ること。くちゃくちゃと塗ってあったり、塗り方が薄いと、機械が正しく読み取れないことがあります。
鉛筆の濃さはHBかBが適当でしょう。

逆に、一度塗ったところを消す場合には、きれいに消さないといけません。消し残りがあると、機械が読み取って、誤答と判断されることがあります。
消しゴムはプラスチック消しゴムがお薦めです。

うっかりと、分数の分母と分子の順番を間違えるミスもよくあります。普通分数を読むときは、分母の方から読みますね。2分の1とか、3分の2とか。しかし、マークシートで答える場合には上から、つまり分子からマークしていくことになるのです。
うっかりミスしないように気をつけましょう。

もう一つ、うっかりしたミスとして、解答欄を間違えるミスがあります。一つの解答欄に2つマークしてしまったり、マークすべき解答欄を飛ばしてしまったり、そんな失敗があるのです。特に、解答がわからなくて、解答欄を飛ばす場合などに起こりやすいようです。

いくつか、失敗例や注意すべきことを挙げましたが、マークシートは機械が読み取りますので、情け容赦がありません。ある意味、非情な世界なのです。

上に挙げたようなつまらないミスで減点されないよう、くれぐれも注意して試験に臨んでください。

進学校受験はお任せください!

フロイデ学院では、日々の学習や高校入試に関するご質問、ご相談を受け付けています。

メールでのお問い合わせはこちら

☎059-388-5233