やはり国語でしょ

生徒の様子を見ていると、上位の生徒ほど国語のできが良いように感じられます。

ただ単に学校のテストの点数での評価ということではなく、日常の問題演習で問題を解くときの速さ、精度、間違えた問題をやり直す時の精度、さらには記述問題や作文などの文のまとまり具合など、漠然とした言い方になりますが、スムーズに進むのですね。
解いている本人もさほど負担に感じている様子ではなく、さっさっと進んでいく感じです。

通常授業の中で、継続的に国語の演習を行っているので、かなりの問題量をこなしていると思います。
折りに触れ、読解の方法なども説明しますが、やはり、多くの文章を読み、多くの問題を解くことが効果的なのだと感じています。

中位くらいの生徒だと、時間がかかりがちになりますが、上位の生徒は手早く処理していけるので、演習量も増えることになります。そうすればさらに読解力、というか、読解の「勘」のようなものが冴えてくるような気がします。

国語は点が取りにくい教科、勉強の結果が反映されにくい教科だと言われることが多いですが、継続的に演習を積み重ねていくと、ある程度のところから安定的に「できる」ようになる感じですね。
今のところ、上位の生徒についての話にはなりますが、そんな状態になれれば、受験はうんと取り組みやすくなります。

進学校受験はお任せください!

フロイデ学院では、日々の学習や高校入試に関するご質問、ご相談を受け付けています。

メールでのお問い合わせはこちら

☎059-388-5233