鈴鹿高校の入試問題(H30理科)

問1 ケイソウ、ゾウリムシ、ミドリムシは単細胞ですが、ミジンコは単細胞ではなく比較的大きなプランクトンです。

問2 顕微鏡を使う準備と観察はまず、接眼レンズ、続いて、対物レンズ、明るさ調整、プレパラート、ピント調整となります。

問3 ケイソウとミドリムシが植物性で葉緑体を持っています。ミドリムシはさらに、鞭毛を持っていて自ら運動することもできます。

 

進学校受験はお任せください!

フロイデ学院では、日々の学習や高校入試に関するご質問、ご相談を受け付けています。

メールでのお問い合わせはこちら

☎059-388-5233

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください