三重県の高校入試:国語の問題(H31後期)

H31後期選抜国語問題1

別紙1の物語文は『さくらいろの季節』蒼沼用人著でした。
小学生の「めぐみ」と幼なじみで親友の「優希」の2人が登場します。
優希が親の転勤のためにイギリスの学校に転校することが話の発端です。

(二)はいつものように接しようと心に決めて教室に入ると、心配していたこと反して、優希が「さわやか」な笑顔をしていたという場面です。

(三)は本文中の、「ほんとに信じられない」の「られ」(可能)と同じ用法・働きのものを選ぶ問題です。
ア.「助けられる」は受け身、イ.「起きられる」は可能、ウ.「感じられる」は自発、エ.「先生が出られる」は尊敬です。

(四)は、優希がめぐみにお願いしたことはどのようなことか、優希がめぐみにお願いした理由に触れて、45字以上55字以内で書く問題です。
優希のセリフの中から、「わたしの前では泣かないでほしい」「めぐみが泣いたら、わたしもぜったい泣いちゃうと思う」「そうなったらもう、イギリスに行けなくなる気がする」を取りあげます。

「 めぐみが泣くとわたしも泣いてしまい、イギリスに行けなくなる気がするから、わたしの前で泣かないこと」

(五) は、めぐみは優希のどのような行動から、どのような強さを感じ取ってそう思ったのか、を50字以上60字以内で書く問題です。
下段中央あたりの『ふたば書房』の洋書コーナーでの場面で、「独学で英語の勉強を続けていたのだという」「優希はさびしさを受けとめた上で、ちゃんと未来を見ている」「前に、進もうとしている」を取りあげます。

「独学で英語の勉強を続けていたことから、さびしさを受けとめた上で、ちゃんと未来を見て、前に、進もうとする」(強さを感じ取った。)

H31後期選抜国語問題2

別紙2の論説文は『知の体力』永田和宏著でした。
「読書をすること、あるいは学問をすることの意味とは何なのだろうか」「これまで知らなかった知識を得ること、という答えだけでは十分ではないだろう」から始まり、「勉強や読書は、自分では持ち得ない〈他の時間〉を持つということでもある」「過去の多くの時間に出会うということでもある」で締めくくられています。

(一)第2段落2行目の「しかし」に着目し、その後ろの「端的に言って、自分がそれまで何も知らない存在であったことを初めて知る、そこに〈意味〉があるのだと思う。」を取りあげる。

自分がそれまで何も知らない存在であったことを初めて知る(こと。)

(二)本文中の「確かに新しい知識が自分のものとなる。」の「確かに」は形容動詞の連体形
ウ.「直ちに」出発するは副詞
エ.「実に」おもし形容動詞の連用形。
ア.「大きな」意味は連体詞
イ.「静かな」環境は形容動詞の連体形
ウ.「直ちに」出発するは副詞
エ.「実に」おもしろいは副詞

(四)「学ぶということの最初の経験」の具体的な例を60字以上70字以内で書く問題。
傍線部を含む段落の冒頭部の
「保育園や幼稚園に行くようになって、同じような年齢層の〈他者〉に初めて出会うことになる。ここで〈他者〉を知ることが、すなわち自分という存在を意識する最初の経験となるのだろう。」とその後の
「〈他者〉を知ることによって初めて〈自己〉というものへの意識が芽生える。」に着目します。

保育園や幼稚園に行くようになって、同じような年齢層の〈他者〉に出会い、〈他者〉を知ることによって〈自己〉への意識が芽生えること。

H31後期選抜国語問題3
H31後期選抜国語問題4

(一) ①④の「申しける」は謙譲語、③の「のたまふ」は尊敬語なので、①②④の主語は「ある人」、③の主語は「一休」と判断する。

H31後期選抜国語問題5
H31後期選抜国語問題6

(一) A、Bは「挨拶の一部」、Cは「中学校の日課」、Dは「勉強について」の説明になっている。

大問6「買い物をしたときにレジ袋を利用することについて」
まいかさん「レジ袋などが海の環境を汚染している」=否定的
えいじさん「レジ袋が利用できないと不便なときもある」=肯定的
2人の意見を参考にして、考えや意見と、その根拠を明確にして書く。
身近な体験を題材にすると書きやすい。

進学校受験はお任せください!

フロイデ学院では、日々の学習や高校入試に関するご質問、ご相談を受け付けています。

メールでのお問い合わせはこちら

☎059-388-5233

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください