入試倍率 | 入試情報 | 高校入試研究会 三重県平成30年度入試の前期選抜倍率が発表されました。
最初の表は12進学校のデータだけを集計した資料です。過去4年分の後期選抜最終倍率も併記してあります。
今年度は松阪高校の理数科が4.60倍と昨年よりも1倍近く大幅アップしています。その次が川越高校の国際文理科で4.43倍、昨年とほぼ同じ倍率です。3位は津西高校の国際科学科で4.13倍、こちらも昨年とほとんど変わりないです。以下、上野高校理数科、宇治山田高校普通科、神戸高校理数科、津東高校普通科が3.7倍付近で並んでいます。

H30入試倍率前期(進学校)

次の表は倍率が3.0倍以上の学科・コースを倍率の高い順に並べたものです。
H30前期選抜3.0倍以上

下の表は全高校の集計データです。
H30入試倍率前期(1)
H30入試倍率前期(2)

以下に平成29年度後期選抜の入試倍率の推移表を掲示します。
この資料は県教委から発表されているデータを集計、整理したものです。ただし、「超過数」は定員をオーバーしている人数、「前期倍率」は前期選抜の志願者数÷合格内定者数、「志願倍率」は後期選抜の志願者数÷後期選抜の定員、「変更倍率」は志願変更後の志願者数÷後期選抜の定員、「合格倍率」は当日欠席等を除いた実受験者数÷後期合格者数、を表しています。

入試倍率(1)①入試倍率(1)②

入試倍率(2)①
入試倍率(2)②

入試倍率(3)①
入試倍率(3)②